カテゴリ:手作り猫ごはん( 1 )

cat cafe RIENさんで開かれた
手作りごはん講座・入門編に行ってきました。

13歳のトラは腎臓病食、ハナは普通食
別々の物を食べさせるのも大変です。
年をとったトラのごはんも、これから成長していくハナのごはんについても
色々気になり出し、お店でどれを選んだら良いか
フードのパッケージに書いてある、成分など見てもわけのわからないものが
沢山入っているし、値段も色々、高ければ良いとばかりも思えず、
悩みながらも、なんとか選んであげているような状態。
人間の食事作りも苦手な方な私ができるか心配でしたが
猫達の為になるのであればと、参加してみました。

講座は詳しい資料を見ながらRIENさんのわかりやすい説明で
とても勉強になりました。

肉食の猫には、良質のたんぱく質をたっぷり与えること。
そして、手作りすれば新鮮な安心食材を選ぶ事ができ添加物のないごはんを与えられる。
なるほど、なるほど、
とてもうれしいことですが、簡単にできるのかな〜
栄養計算なんて難しそうだし〜

でも、そこは入門編
「栄養バランスはだいたいで大丈夫」
肉食の猫はたんぱく質が重要で、
猫は、たんぱく質をアミノ酸に分解して、アミノ酸を様々な栄養素に変換して
利用する能力に長けているそうで・・・

猫はなんと偉いのでしょう。

そして、少しずつ
人間も猫も無理のないように。
そうですね、人間も今まで与えた事のない生肉など
与えるのは少々勇気がいります。

まずは猫が好む肉や魚を見つける。
好むウエットフードに野菜や穀類を混ぜる。
手作り食レシピを作ってみる。
自分で栄養計算してみる。
ちょっとずつ自信をつけて行き、興味をもって楽しくなったら
栄養計算も頭に入って来るような気がします。

そして、最近RIENさんが開発された「ベジビタミックス」を
使えばそんな自信の無い人にもお肉と、ご飯と
「ベジミタミックス」を混ぜれば栄養バランスのとれたごはんが
与えられるという朗報

今日は珍しくスーパーでラム肉が売っていたので買って来てみました。
一口大に切って恐る恐るあげてみると・・・
トラは食べてくれません。
ハナは一口食べて固そうにしていたので、
フードプロセッサーで細かくしてベジビタミックスを耳かき一杯程度混ぜて
あげてみましたが食べてくれません。
残念と思いつつ、少し置いておいたらぺろり完食
冷蔵庫から出したばかりで冷たかったのかもしれません。

一喜一憂が続きそうですが、
少しずつやっていけたらよいな〜と思います。

お勉強中、心を和ませてくれました。
かわいすぎます。
d0142191_0403963.jpg

「手作りごはん、がんばってね」って言ってくれている?
d0142191_0413096.jpg

[PR]